カナダ留学バンクーバー留学の費用を半分にする方法
ハプカナは、カナダ留学バンクーバー留学語学留学ワーキングホリデー(ワーホリ)体験談情報サイトです。

カナダ留学ブログランキング  ハプカナについて  カナダサイトランキング  英語教材リンク

バンクーバー留学メニュー
カナダ留学ブログ人気ランキング
ハプカナ管理人とハプカナについて
バンクーバー留学したい方へ
ワーホリでバンクーバーに行く方へ
カナダ留学メルマガ
カナダ留学ワーホリ総合リンク
カナダ留学前の通信講座
留学よりも資格取得

管理人お気に入りサイト
バンクーバー留学サポート
- ウエストコースト国際教育相談センター
- カナダ心の旅日記 by 美和チュッカ
- 全米約600の大学に留学したい方へ
- e-留学ガイド 100社同時に資料請求

カナダ格安航空券予約サイト
- アルキカタ・ドット・コム
- 海外格安航空券イーツアー

カナダ留学生保険
- AIU留学保険無料資料請求
- アリコ保険無料資料請求
- インズウェブの保険一括資料請求
- 最大13社の保険を一括パンフレット請求

マイルが貯まるクレジットカード
- シティバンクワールドパークスVISAカード オススメ!
- スターアライアンスマイル付セゾンUAカード
- スターアライアンスマイル付UCカード

バンクーバーインターネット接続方法
- TELUS ADSL
- SHAW Cable Internet

バンクーバーユースホステル
- Cambie Hostels
- Hosteling International
- C&N Backpackers INN
- Backpackers

ファームステイ

- WWOOF Canada
- WWOOF Japan

カナダバンクーバー留学に必要な予算 200万円!

1年間のカナダ留学にかかる費用、いくらくらいと見積もってますか?

大学に通われる人は1000万くらい考えてるかもしれませんし、僕のような語学学校をメインに考えている人は、その半分以下の3,400万くらいでしょうか。ワーキングホリデーで言えば、もう少し低く考えているかもしれませんし、短期留学ならもっと安いでしょう。

ただね、実際にかかる費用というのは、あなた次第で高くも安くもなります。自分でできることは自分でやって、さらに非常識なお金節約法を実践することで、それが可能になります。

僕の場合は、カナダ全土を一周した旅も含めて、約1年間カナダ+アメリカにいたわけですが、その期間にかかった費用は全部コミコミで200万くらいでした

安いですか? 高いですか? もちろん、僕がカナダ留学中に犯した数々の失敗を前もって知ることで、ここからさらに安くもできるはずです。それらの失敗談を含めて、これからのことは全て頭に入れるつもりで読んでみてくださいね。

 

あなたができることをあなた自身でやることで、お金の節約以上に大切なものを体験することができます。

なにか?

そう、海外での経験ですよ。全てを自分でやりきった! という何モノにも変えがたい貴重な体験は、お金では買えません。そういうことも含めて、あなたのカナダ留学は成功するんだと思います。

このハプカナで何度も出てきますが、カナダ留学斡旋業者に全てをお願いするのと、極力自分自身でやるのでは、ウン十万円違ってくることに注目してみます。

というのは、日本に滞在しながら自分で飛行機の手配やカナダ留学先の宿泊を決めて、カナダに到着してから、自分で学校の選定やホームステイの手配までやる(実際にはこのページのようなサービスをうまく活用するのが効果的)とすると、高額な留学斡旋業者にお願いする場合と比べて、最低でも30〜50万円くらいは違います。(冗談抜きで本当だよ。)

 

だから、それだけ留学斡旋業者がサービス手数料として請求しているということです。もちろん、日本でオフィスを持ち、会社としてサービスを提供していますから、安心感はあります。日本で相談にのってくれるので便利ということもあるでしょう。

ただ、これから「安く賢く楽しくカナダ留学」することを考えれば、それでは目的達成にはなりませんよね。しかも、これも何度も言うようですが、留学斡旋業者を使った人の感想の大半は、

自分でもできた」「あれだけお金を払ったのに・・・

といった否定的なものだという事実を、前もって知っておくべきです。特に、バンクーバーで生活している僕のような留学生が作るウェブサイトを見てみればわかると思うけど、現地で同じサービスが割安で活用できます。日本では高額なのに、カナダでは無料の場合もある。なぜかと言えば、たとえばオフィスにかかる費用とか、人件費とか。とにかく全てがカナダでは安く、日本では高額なんです。だから留学生からたくさんサービス料をもらわないと仕事にならないんですよ。

ということは、僕がお世話になったようなサービスをうまく使うことが出来れば、出来るだけ安く、しかも安心してカナダ留学をスタートさせることが可能です。これホント。知らないだけで本当にある話。知らない人だけが損をしてるんです。

 

カナダ留学斡旋業者を利用した人の不満

なぜこんな事実があるのに、現実的に留学斡旋業者さんにお願いする人がたくさんいるのか?

彼らはプロフェッショナルですから、全てをお願いすることで、あなたは何もする必要がないんです。業者さんによっては悪質なところもあるようですが、日本にオフィスを持つ大きな会社は、その分高額なサービス料を取りますが、間違いなく安心安全でしょう。

で、なんで最終的に文句を言うのか? これは簡単です。

カナダ留学した後、現地に到着した後にみんな気がつくんです。「自分でやればもっと安くできた」って。カナダ留学の前は人に頼ってばかりで、自分では何もしてなかったくせに、あとで散々文句を言う。

今の世の中、インターネットを使えば誰だってカナダ留学の情報を得ることはできるのに、それをやらずにあとからブーブー言うんです。他力本願だった自分が悪いのにね。

 

僕は日本にオフィスを持つ留学斡旋業者さんにお願いして、カナダ留学をすることには反対しません。が、留学前に自分で何もしないということに対して疑問を持っているので、僕は個人留学をススメています。個人留学というと仰々しいですが、つまり何事も自分で納得できるまで調べましょうよ、ってことを言いたいんですね。

その過程で得られる知恵や知識や行動力は、今後の人生にとって、ものすごく価値のあるものだと思うんです。

なんでもそうですが、名前だけを知っているのと、実際にやったことがあるのでは、全然違いますよね。○○について知っている、というのは、実体験に基づく知識があって初めて知っていると言えると思うから。

だから、カナダ留学についても、あなた自身で情報を収集して、あなた自身で納得・判断できるくらいになっていただきたいと思います。

ちょっと不安かも知れませんが、カナダ留学とそれに関係する過程の行動を、あなた自身をひとまわり成長させるためのチャレンジだと思って行動すれば、意外と楽しくやれると思いませんか?

 

ちなみに、僕のまわりのカナダ留学に成功したと言える友人たちはみんな、ポジティブ思考で自分の行動に責任を持っていましたよ。だから、後からブーブー文句を言っている人たちを笑ってました。かわいそうだね、と。

究極的に言えば、これからの世の中、他力本願じゃ何もできないし何も生み出せない。実力主義だなんだと騒がれて久しいですが、いつの時代もやっぱり自分を持ってる人が強いと思うから。

 

カナダバンクーバー留学に関わる必要経費

さて、話を戻しましょう。大きく分けて、カナダ留学に関して必要になってくるお金というのは、

  1. 学校の費用
  2. 生活のための費用
  3. 交際のための費用
  4. 移動のための費用(飛行機やバスチケットなど)

などになると思います。ひとつひとつ見ていきましょう。

 

学校の費用

まず学校の費用について。

これは結局ピンからキリまでありますが、費用の前に、まずは自分の目で学校そのものを確かめる必要があります。(もしくは、学校のカリキュラムや先生の質などを見極める必要があると思います。)

バンクーバーであれば、隔週で発行されている日本人向けの新聞ウップスや留学センターなどを使うことで、期間限定や友達からの紹介など、場合によっては10%〜20%、それ以上の割引が受けられるときがあります。僕の場合、いろいろと自分で探したこともあり、最初の語学学校では普通の人に比べて、1000ドル以上も割引になりました。(^_^)/ (ただし、学校はやっぱり安かろう悪かろう的な部分があるのも事実なので、割引してくれるからという理由だけで学校を決めるのはどうかと思います。

平均的な語学学校の月にかかる授業料は、フルタイム(朝9時〜夕方4時くらいまで)でだいたい1000ドルです。

ちなみに、カナダの語学学校では、月という単位は使わずに週単位を使います。1ヶ月4週という計算で、4週間フルタイムで1000ドルくらいと考えればいいと思いますよ。

専門学校やその他の学校については、授業の日数と時間によって千差万別ですから、それぞれあなたの希望する学校情報を、インターネットを使って調べてみれば良いと思います。本でもいいかもしれませんが、インターネットの情報が新鮮で確実でしょうね。

 

僕以外にも現地で学校を探した友人は、全てなんらかの形で割引を受けていました。ただし、割引率が高いからといってその学校に行くというわけでもなく、その学校が自分のスタイルにあっているかどうかを確認しながら、それでいて割安というところを探しましょう。カナダ留学の学校編 語学学校の選び方では、そのあたりのことをふまえて、さらに詳しく書いてますので、そちらも合わせて確認してみてください。

 

生活のための費用

カナダの留学生活に関する具体的な詳細については、カナダ留学の生活編全般に渡って書いていますので、ここではざっくりと書いてみたいと思います。

カナダでの留学生活にかかる費用、ひと月にいくらかかるのでしょうか。

これも人によってピンキリですが、台湾出身のボンボンの友達は、車も持っていて自宅も最高級のマンションで、ひと月5000ドル(約40万円)くらい使っていました。が、それははっきり言ってアホです。(笑)

まぁ、僕らお金を節約して生活していこうと考えている人間には途方もない数字ですが、全然落ち込む必要はありません。実は僕、ひと月5万円かからないくらいで生活してましたからね。(笑)

ただ、そうは言ってもバンクーバーの中心地で生活するのであれば、5万円〜8万円は必ずかかると考えたほうがいいです。単純計算で、5万円×12ヶ月=60万円近くは生活するだけでかかるというわけですね。

生活費をゼロにする方法もありますが、それは本来の語学習得を目的とする留学とはまた一味違った方法なので、詳しくはカナダ留学の付録編 カナダでファームステイを参照してください。

 

留学生活の中には、もちろん衣食住がメインの費用になりますが、僕はほとんど服を買いませんでしたし、住むところも周りの友人に比べれば、それなりに安い場所に住んでました。

あなたがお洒落に気を遣う人であれば、ファッションにお金がかかるでしょうし、あなたがグルメであれば、食にお金がかかるかもしれません。だからといって、それらを我慢するような節約法をお伝えするために、このハプカナがあるわけではないんですよ! それら詳しい説明は、カナダ留学の生活編 カナダの衣事情カナダ留学の生活編 カナダの食事情をそれぞれご覧ください。

 

交際費

友達が多かった僕も交際費はそれなりに計算していました。が、実際にひと月に使った額といえば、実はめちゃめちゃ少ないんです。

普通交際費と聞くと、外で食事をする・外でお酒を飲む・友人とどこかへ出かけるなど、お金がかかりそうなイメージですが、やり方によってはそんなにお金を使うことをしないでも構わないんです。

時と場合によっては、お金を1円もかけずに遊べるし。しかもそれでいて、カナダらしく楽しく、日本では味わうことができないような交際ができる。一味違う工夫と頭の使い方次第では、本当にお金をかけずに遊べます。

常識ではない、非常識的に発想を膨らませて、勉強も遊びも一緒に楽しんじゃいましょう!!

詳しい内容は、カナダ留学の遊び編 パーティーを開こうなどを参照してください。お金かかってないのに楽しそう! って思うこと間違いなしでしょう。

 

交通費

細分化すると、移動のための交通費もかかります。

最初と最後にしかエアチケットは買わないと思っているあなた! もしかしたら、あなたもトロントやニューヨーク、その他メキシコなどのリゾート地に遊びに行くかもしれません。

1年間留学すると決めている人には1年間のオープンチケット、期間をまだ決めかねている人は、とりあえず短い期間のFIX激安チケットを購入して、帰国前に日本行きのワンウェイチケットを購入しても良いでしょう。(ただし、片道航空券に関しては、カナダでのビザが必要になるため、観光ビザで入国しようとする人は往復のチケットが必ず必要です。

僕の場合は、12日FIXのエアカナダの格安航空券を購入して復路のチケットを破棄し、帰りの際にワンウェイチケットを購入しました。1年間オープンチケットを買ってカナダ留学に来る人も多いですが、費用的にはさほど変わることはありません。ただし、出発する時期が春・夏であれば、市場の需要が上がるためにチケットの価格も必然的に上がります。

僕が出発したのは11月初旬ですが、実は日本カナダ間の航空券市場価格が一番下がるのは、10月11月と2月。往復料金でも5万円かからないんですよ!

もしあなたが春や夏に出発しようと考えているのであれば、さっさと変更してください。夏の最盛期なんかに出発したら、それだけで15万円くらい損をすることになります。逆に言えば、出発時期をずらすだけで、それだけ節約できるというわけです。これは、学校を選ぶ際に、また住居を選ぶ際などにも共通して言えることなので、しっかりと考える必要がありますね。

 

カナダバンクーバー留学経験者の費用を総合すると・・・

僕以外にも、周りの友人らに確認したところ、一般的に1年間の学校に通いながらの留学の場合、最低でも200万円は持って来るべきだと判断します。

これは英語を短期間集中でみっちり学ぶという目的を忠実に再現するためにも、1年間は働かずにしっかりと勉強した場合にかかる費用です。そして、たとえばワーホリだとしても、一般的には100万円なくてもワーホリで1年間生活できると謳ってるところが多いですが、ぶっちゃけた話、50万しか持ってなかったら何もできないで終わります

これは本当です。初期の頃には必ず学校に行くべきで、英語が全くできないような状況でカナダで楽しむことは現実的に不可能です。ワーホリの1年間を本当に充実したものにするには、ある程度の金額を学校に投資しなければなりません。たとえば最初に語学学校に行くとして、1ヶ月で10万かかります。3ヶ月なら30万。生活費を含めたら、その1.8倍くらい。

わかるよね? 30万しか使えるお金がなかったとしたら、学校に行くだけでその滞在期間中の生活費も全てなくなってしまうわけです。それじゃ精神的に落ち着いて生活できないし、そもそも英語に集中することなんて無理。バカだよ、はっきり言って。僕の知人にそういう人がいたけど、彼女は結局カナダに5ヶ月しか滞在しないで日本に帰っていきました。当然の報いだよね。他の誰でもない、甘く考えすぎてた本人が悪い。

そういう人は、結局学校にも行けず、友達も作れず、結果英語も伸びず、何もできないでブーブー言って帰国します。自分はそうじゃない? そうなりたくなければ、しっかりと資金をためて持ってきましょう。

そう考えると、やっぱり同様に200万円ほどあれば、しっかりと腰をすえて英語の勉強もできるし生活もできる。当面の軍資金に余裕があるから、数ある選択肢の中から、本当に自分がやりたいことを選べる。そこにはお金の不安はないわけです。

ワーホリで滞在を考えている人の中には、現地に到着してすぐに仕事を始めればいいなんて考える人がいるけど、誰が好き好んで英語もできない日本人を雇うんだよ? 自分が雇用主の立場になってみればわかることじゃないか! と強く思うんです。そんな甘いことを考えているのなら、即刻考えを改めるべきだと思います。

 

ここは強調しておきたいので長々書きますが、あなたがもし、今、ワーホリだから50万円で大丈夫とか甘いことを考えているようであれば、さっさとプランを変更して、もっとお金を持ってきましょう。貯金をするために出発が半年遅れたとしても、結果的にカナダで得られる経験を考えると、半年遅れても絶対に遅らしたほうが得策です。

経験者のみんながそういうんだから、従うべき。マジで。50万とか30万とかアホなこと言ってると、あとで泣きを見るのは自分自身だよ。そうやって、1年間のワーホリを無駄遣いしている日本人が多いのにも泣けてくるけど。

出発を半年〜1年遅らせてでも、しっかりとカナダ留学の資金を用意してから、本気で充実した1年を送りたいのか?
それとも、予算の少ないままお金の不安を持ちながら出発して、特に意味のない1年(か、それ未満)を過ごしたいのか?

賢いあなたなら、簡単にわかる質問だと思います。

 

お勧めリンク
1年以内に無料で海外に確実に行く方法(保障付き)
無料で海外旅行に行きたい人は必見です!
年間12万マイルを確実に貯める方法
無料でエアマイルを確実に貯めるこんな方法があったなんて・・・
日本全国をタダで旅行する方法?
管理人は、カナダ留学後に日本中をこれで旅行することができました♪
関連リンク
カナダ留学の予算
最低限の軍資金は必ず持っていこう!
インターネットバンキング
留学中はネットで口座を管理しよう。
お金の持ち込み方
カナダへのお金の持ち込み方は様々です。
為替/両替
テクニカル指標的には冬場に換金がベター。
銀行口座開設方法
現地では、銀行口座を持ってると便利です。
カナダ違法就労
Under the table で働いちゃダメよ。
SINナンバー取得方法
ワーホリの人必見。絶対に取らなきゃいけないSIN。
英語教材お勧めリンク
- 無料で英語耳 ハングリー...
- マジックリスニング
- スピードラーニング
- バイオリスニング
- ヒアリングマラソン入門コース
- ヒアリングマラソン中級コース
- English King 無料視聴
- 英語3段とび吸収法
- カンタンEnglish無料資料請求
- 30日英語脳養成プログラム
- 加速英会話学習法
- ディズニー英語無料サンプル


カナダバンクーバー留学の費用を半分にする方法 トップページへ戻る
Copyright © 2003 - 2006 Half Price Canada All Rights Reserved.
[PR] レーシック錦糸眼科 体験談イントラレーシック 手術