カナダ留学バンクーバー留学の費用を半分にする方法
ハプカナは、カナダ留学バンクーバー留学語学留学ワーキングホリデー(ワーホリ)体験談情報サイトです。

カナダ留学ブログランキング  ハプカナについて  カナダサイトランキング  英語教材リンク

バンクーバー留学メニュー
カナダ留学ブログ人気ランキング
ハプカナ管理人とハプカナについて
バンクーバー留学したい方へ
ワーホリでバンクーバーに行く方へ
カナダ留学メルマガ
カナダ留学ワーホリ総合リンク
カナダ留学前の通信講座
留学よりも資格取得

管理人お気に入りサイト
バンクーバー留学サポート
- ウエストコースト国際教育相談センター
- カナダ心の旅日記 by 美和チュッカ
- 全米約600の大学に留学したい方へ
- e-留学ガイド 100社同時に資料請求

カナダ格安航空券予約サイト
- アルキカタ・ドット・コム
- 海外格安航空券イーツアー

カナダ留学生保険
- AIU留学保険無料資料請求
- アリコ保険無料資料請求
- インズウェブの保険一括資料請求
- 最大13社の保険を一括パンフレット請求

マイルが貯まるクレジットカード
- シティバンクワールドパークスVISAカード オススメ!
- スターアライアンスマイル付セゾンUAカード
- スターアライアンスマイル付UCカード

バンクーバーインターネット接続方法
- TELUS ADSL
- SHAW Cable Internet

バンクーバーユースホステル
- Cambie Hostels
- Hosteling International
- C&N Backpackers INN
- Backpackers

ファームステイ

- WWOOF Canada
- WWOOF Japan

なぜカナダ・バンクーバー留学なのか

さて、留学ワーホリをしようと考えたときに、なぜカナダを選択したのでしょうか。

まだカナダと決めてない方もいると思いますが、だいたいのところ「アメリカ・オーストラリア・ニュージーランド・イギリス・カナダ」と、多くても4,5ヶ国で検討されているのではないかと思います。僕もそうやって悩みましたし、あなた以外にも大勢の方々が同じようなことを考えているでしょう。

 

そこで、なぜカナダ留学に決めたのか。

僕の場合は単純でした。友達がバンクーバーにいたから。なは。(笑)

オーストラリアニュージーランドなどもちょっとは考えましたが、いわゆるアメリカ英語イギリス英語で、日本人にとってはアメリカ英語のほうがわかりやすいから、という点も考えてのことです。(あとになってみれば、発音以外はたいしたことなかったんですけど。)

特にイギリス英語がダメとか、オーストラリア英語がダメというわけではなく、日本の義務教育の中で使われている英語はアメリカ英語であって、僕らはその教育を受けているから、潜在的になじみがあるってことなんですね。

もちろん、英語の違いも考慮にはいれましたが、僕には北米(バンクーバートロントなど)の映画学校で映画作りの勉強がしたいという夢があったり(今はないですけど)、将来的にアメリカ西海岸で生活したいなどの希望があったり(今はカナダのウエストコーストでのんびり自然の中で生活したいに変わりました。笑)で、カナダにしました。

あなた個人の将来的な希望も含めて、もしあなたの「留学してみようか迷っている国」の中にカナダが入っているのであれば、僕は是非カナダをオススメします。とても良い国だし、とてもステキな人がいっぱいの国です。自然も多いし土地も広大。もちろんマイナス要素もあるとは思いますが、プラス要素が補って余りあるくらいの留学最有力国だと思います。

 

「具体的にどうなのよ?」という人は、カナダ横断バスの旅写真旅日記をご覧下さい。3ヶ月に及ぶカナダ全土の旅程中に書き記した日記と共に、カナダ国内の風景写真が満載です。カナダの魅力に少しでも触れていただければと思います。

 

留学に適した都市バンクーバー

すでにカナダに的を絞っている方の中で、留学する都市を決めかねている方へ。

カナダ留学で、大半の人はバンクーバートロントで迷っていると思います。もちろん、カルガリーモントリオールをはじめ、ハリファックスPEI(プリンスエドワードアイランド)なども考慮に入れている方も多いでしょう。

その他にも、小さい街ですが英語の勉強をするのに魅力的なところはたくさんありますが、たぶん最初の滞在になるのは、バンクーバートロントになるのかな? と思います。

 

僕は、バンクーバーにしました。

そして、カナダを一周して、自分の目で様々な街を見てきた今の僕が思うのは、留学滞在先をバンクーバーにして正解だったということです。いや、最初にバンクーバーにしてよかったと言ったほうが正確かもしれません。

 

というのは、僕は約9ヶ月バンクーバーで生活をしてからバスの旅に出たわけですが、そもそも僕の留学は、どちらかというと学校に行かない留学だったと思います。そして、今、非常に後悔しています。(T_T)

これからカナダ留学するあなた! 絶対にこれだけは覚えておいて損はありません。

 

  1. カナダ留学を成功させたかったら、必ず200万円以上の資金を持っていきましょう
  2. カナダ留学を成功させたかったら、まずは基礎的な英語力を伸ばすことに集中しましょう
  3. カナダ留学を成功させたかったら、的確なアドバイスをもらえる人間を探しましょう
  4. カナダ留学を成功させたかったら、周りのお友達を選びましょう
  5. カナダ留学を成功させたかったら、真剣に自分のやりたいことを掘り起こしましょう
  6. カナダ留学を成功させたかったら、3ヶ月で英語の勉強は終わらせないようにしましょう
  7. カナダ留学を成功させたかったら、まずは英語→その後ワーホリを考えましょう
  8. カナダ留学を成功させたかったら、未知の世界に片足を突っ込む勇気を持ちましょう
  9. カナダ留学を成功させたかったら、誘われたことは絶対に断らないようにしましょう
  10. カナダ留学を成功させたかったら、ハプカナを隅々まで読みましょう(笑)

 

僕の留学は成功しました。一般的な1年間留学していた人に比べれば、自分で言うのもなんだけど、僕の英語は発音もきれいだし、外国人のお友達もたくさんできたと思います。カナダも一周したし、日本人が行かないようなところにたくさん行って、たくさんの人々と出会うことができました。

ただひとつ残念だったのは、途中で英語の勉強を疎かにしてしまったということ。

バンクーバーが留学に適した町だというのは確かです。が、誘惑が多いのも確かです。日本人はたくさんいるし、日本人が生活するにはとても住みやすい町です。留学に関しても、信頼できる素晴らしいアドバイザーがいるのも良い点です。

ですから、僕は2005年のワーホリ滞在1年間を利用して、さらに良い留学・ワーホリ体験ができるように、このサイトの情報も高めていきながら、自分自身が納得できる生活をしたいと思います。

 

昨今の留学ブームを考えると、季節によってはバンクーバーはアジアの都市のような雰囲気になってきます。ダウンタウンのメインストリートを歩けば、8割の人間はアジア人、しかも日本人と韓国人の留学生という状態にさえなるのです

 

カナダ・バンクーバーは、カナダ留学をスタートするにあたっては、総合的に考えてカナダ国内ナンバーワンの都市だと思います。

が、もしあなた自身が、学校のこと、生活のこと、その他のことで悩むようであれば、バンクーバーを出て生活してみても良いかも知れません。別に留学はひとつの町で1年間滞在しないといけないわけでもないし、僕のお友達は、その後州立の学校に通うためにロッキー地方に移って、素晴らしい留学をしてきました。

バンクーバーでスタートして、カナダ留学に関して信頼できるアドバイザーと一緒に自分自身の留学について考え、カナダで生活しながら自身の価値観と向き合って、あなたがしたい留学を、あなたがしたいように進んでいけば良いと思います。

 

というわけで、僕の言う留学に適した都市バンクーバーというのも、スタートするにあたっては何不自由ない無理のないスタートが切れるという意味であって、後の話はあなた自身の価値観や考え方でいくらでも変えていけば良いということを覚えておきましょう。

 

 

最近では特に、僕は州立大学や州立カレッジに通うことをオススメします。しかも、州立大学などの情報が少ないですが、本気で1年間だけ英語漬けになりたいなら、バンクーバーはすぐに離れるべきでで、ちょっと田舎の州立の大学などに通ったほうが、カナダ人と一緒に生活するチャンスが多いです。

州立大学に通うことは難しいことではなく、ある程度のTOEFLのスコアを持っていたりすれば、バンクーバーのプライベートESL(語学学校)などに通う以上の英語力がつくことは間違いないです。興味を持って調べてみると良いと思いますよ。

 

バンクーバーが留学に適している理由

それでは。以上を前提として、なんでカナダ、特にバンクーバーは何も知らない初期の日本人留学生に適した都市なのかを考えてみたいと思います。

理由はいくつか挙げられると思うのですが、その中でも下記にあげる5項目が主なものになるかと思います。ひとつひとつ見ていくので、参考にしてみてください。

 

◆バンクーバーは気候が温暖である

カナダ留学について少々調べていれば、このメリットに関してはご存知かも知れません。

気候が温暖というのは、人間の生活習慣の中でも非常に重要な要素だというのはおわかりいただけると思いますが、バンクーバーのあるブリティッシュコロンビア州は、カナダでも1番の気候が温暖な過ごしやすい地域です。

冬でも大雪になるのは稀ですし、夏の過ごしやすさは最高です。僕は関東の人間なので、東京の夏にはホトホト困らされていたものですが、バンクーバーやビクトリアなどのカナダ西側の夏は、木陰に入るとちょっと肌寒いくらいの快適な生活ができます。

ちなみに、僕は『乾燥してると、夏でも木陰に入っただけで肌寒い』という現象に疑問を持っていました。そんな経験したことないし、そりゃ嘘だ! って。(笑)

でもね、本当なんですよ。

それだけ快適に過ごせるというのは、生活面では本当にありがたいものだと思います。ただ、直射日光の強さは日本のそれに比べて強力なので、サングラスなどは必需品になってくるんですけどね。

 

バンクーバーに比べてトロントは、ほぼ東京の夏と変わりません。ニューヨークはもっとスゴイです。湿気もあるしちょっと歩けばすぐ汗をかく。気温で言えば30度以上になることも多いみたいです。

また、冬になればマイナス20度は当たり前で、マイナス30度になることもしばしばとか。まぁ現実的にはそれほど厳しくもないよ、という声もありますが、日本で生活していた人間にとっては、それなりに堪えるんではないでしょうか。

夏の間にカナダ全土を周遊した僕が思うに、西側の気候・過ごしやすさはカナダ1でしょうね。もちろん、人間の適応能力というのは素晴らしいものなので、気候の厳しい地域に住んでみるという経験もおもしろいかも知れません。

が、まずカナダ留学をスタートするに当たっては、無理のない生活からというのが良いと思います。

 

◆バンクーバーの人たちは留学生慣れしている

バンクーバーは、世界各国の留学生によって成り立っている都市です。カナダがそもそも移民で成り立っている国ではありますが、バンクーバーはまさに留学生がいなくなったら経済が破綻するくらい、留学生に依存している町ということがわかります。

衣食住に関してはもちろん、留学生をターゲットとした商売であったり、日本人や韓国人などの留学生のためにというスタンスで展開されているビジネスも少なくありません。

ケベック州で育ち英語が不自由なカナディアンもバンクーバーに語学の勉強に来ますし、アジア圏以外のヨーロッパや中東からの留学生もいます。もちろんラテンアメリカからもね。

そんなバンクーバーですから、現地で生まれながらに生活している人たちは、海外留学生に何の先入観も差別的な偏見も持っていません。そもそも生まれた瞬間から、様々な国出身の人たちに囲まれているため、日本人だから特別に扱うということもありません。ホームステイなどの受け入れを長くやっている家庭では、むしろ留学生がいる生活が当たり前なのかも知れません。

 

たとえば、あなたが留学生をホームステイという形で迎え入れる場合、今の日本では当たり前だとは感じないでしょう? 最近都内であれば見る数も増えましたが、電車で外国人らしい容姿の人を見た場合に、いきなり普通に接することは可能でしょうか?

そういうことを考えてみると、バンクーバーという街そのものは、海外の留学生・移民などの受け入れに対して自然体であるような気がします。身寄りのないカナダ留学を始めるに当たって、肩肘張らずに現地の生活に溶け込める、そんな安心感があるのは魅力ですね。

ただ、逆に、自分が日本からの留学生だからという理由で特別扱いされることは全くありません。日本人だから外国人はゆっくり話してくれるとか、英語は話せないと思ってくれるだろうとか、そんな甘い考えは通用しないのでアシカラズ。そもそもどの国出身の人間にも対等に接するわけだから、そんなことは逆に失礼に当たります。(英語が話せない人は特にそういう態度を取りやすいので気をつけましょう。むかつかれるよ。)

 

◆日本と同等の食生活を確保できる

カナダ全土を見た僕でも驚くくらい、バンクーバーにはたくさんの日本食レストランが存在します。

日本食に限らず、韓国レストランも多いですね。日本からの留学生が多いから、そういったニーズを満たすために増えていったと簡単に想像することができますが、そういう食に関する便利さというのも重要な要素だと思います。

食に関して言えば、バンクーバーに限らず、たいていの大きな都市にはチャイナタウンがあって、中国や日本っぽい料理を作るための材料や調味料を手に入れることはできます。

食事は人間生活の基本ですから、口に合わないものを食べ続けて体を壊したりしたら、留学の意味もないですよね。だからこそ、食に関して不便な街よりは、便利すぎるくらいがちょうどいいのかも知れません。

 

特にホームステイから留学をスタートさせる場合は、この食事の選択肢が多いのは大変重要な意味を持ちます。というのも、ホームステイでのクレームの中で最も多いのは、食事に関してだからなんですよ。

僕も含め友人の大多数は、この「ホームステイ食事事件」にぶつかったことがあるんですが、ホームステイ先で良い食事にありつけない場合、友人宅で作るかレストランで食べるしかありません。そんなときに自分の好きな料理を選択できるというのは、大変ありがたいものですよ。

ただ、レストランで食事をするのはコスト高になるので、ハプカナ的にはあまりよろしくないことなんですが、自炊するという点からみても、バンクーバーでは他の都市に比べて本当に簡単に日本食の材料・調味料一式を手に入れることができます。

なんだかんだ言っても、やっぱりオフクロの味というか母国の味が一番ですよね。きっとあなたも、カナダで長く生活していると、懐かしく思うときがくるはずですよ。(笑) 個人的にはアジの開きが懐かしかったです。はい。

 

◆多民族・多文化国家である

これは僕の中で特に大切にしている部分なんですが、カナダ留学を経験する上で非常に重要な要素だと思っています。

カナダに限らず、海外留学と言えば、英語を勉強することがまず最初に頭に浮かんできますが、僕は英語を学ぶことと同様に、他地域の文化や生活習慣・食習慣など、様々なことも学ぶというのが大切なんじゃないかなと思っています。

特に日本は島国であって、外との交流は貿易とか流通とか、そういうことをやっていないと見えてこないものが多いと思うんです。今は国が開かれているとは言っても、ある意味ではまだまだ鎖国状態だとさえ思います。

だから、日本で生活している分には、各種メディアで取り上げられたものからしか海外の動きを見ることができないんです。

そんなことしてるから、今で言う欧米至上主義なんてものが出来上がっちゃったのかなとも思いますが、あなた自身の目で耳で肌で事実を認識して、そこであなたが何を考えるか、あなたの定規で何を感じるかを受け止めることが、何よりも重要だと思うんですよ。僕もまだまだですけども。

だからと言って、あなた自身で世界中をまわって見聞を広めるべきというわけでもなく、せっかくカナダ留学で海外に出るんだから、英語以外にもそういうことまで経験してきちゃおうよ! という発想になるわけです。もちろん、そうすることでカナダ留学の費用を節約できるということまで考えたものなんですけどね。カナダ留学中は、机の上で勉強することも良いですが、様々な国出身の人間と話しをたくさんして、国際感覚を身につけることも必要なことですよ。

 

たとえば、僕と一緒に住んでいたルームメイトはバングラデシュから来てカナダ人になった、いわゆる移民です。バングラデシュですよ!? 日本中探してバングラデシュ人の友達がいる人が何人いると思います? 全然違う国のお友達を作って、一晩でも語ってみるといいです。価値観がひっくり返りますから。

また、僕の日本人の友人の中には、アフリカはアンゴラという国から来た人と付き合っていた人もいます。アンゴラ出身の彼は、純粋のブラックです。純血ですよ。直接その人と話してると、なぜ白人・黒人の差別があったのかなんてわからないです。同じ人間だから。

 

とまぁ、別に僕の友人のように、男と女の関係になれとはいいませんが(笑)、カナダが多民族国家だからこそできること・知ることって多いと思うんです。そういう意味で、カナダは非常に恵まれた土地なんだと思います。

 

◆カナダアメリカ北米英語は世界標準

さて、日本では一体、どのような英語を勉強しているのか。教科書を参考に見てみると、実はこれアメリカ英語なんですね。

たとえば「center」という単語ですが、イギリス英語では「centre」です。スペルが違うんですね。どっちがしっくりきますか? 発音的にはどっちも同じなんですが、書いたり読んだりする際には非常に重要なスペルなんですが、これひとつ取っても日本人にはアメリカ英語に慣れていると思います。

アメリカとカナダでも若干の違いはありますが、イギリスやオーストラリア(元英国領だからイギリス英語)に比べれば、とっつきやすいと思います。

 

また、あなたも聞いたことがあるかも知れませんが、発音にしてもおもしろい違いがあるんです。

「Have a good day」という文章、あなたは今頭の中でどういうふうに発音しましたか?

ハバグッデイでしょう? それはアメリカ英語

これが、イギリス英語(オーストラリアやニュージーランド)だと、

ハバグッダイになります。

また、数字の8についても同様に、「eight」という単語、エイトと発音するでしょう? でもイギリス英語では、アイトなんです。冗談に聞こえるかも知れませんが、これ本当ですよ。直接彼らとしゃべったから、間違いありません。

 

とまぁ、具体的に簡単なものを見ても、これだけの違いがあります。

ただし、あなたの英語力がある程度上達してくると、両方とも聞き取れるようになるのは確実です。1年しか留学してない僕でも、その違いを聞きわけられるようになったんだから間違いありません。ネイティブスピーカーに言わせれば、発音やスペルのささいな違いは問題にならないみたいです。

そうは言っても最初の一歩からできれば楽にしたいというのであれば、中学生のときからなじみのある北米英語なら、難しい英語もちょっとは楽になるかも知れません。

ちなみに、注意深く聞けばわかりますが、ハリーポッターイギリス英語です。また、映画俳優のヒューグラントが話す英語は、イギリス英語訛りが強いですからすぐわかると思います。あとは、、、二コールキッドマンなんてまさにブリティッシュ英語ですね。その違いに気づいたとき、英語が上達したなぁーと感動すること間違いなしですね。(笑)

 

 

以上、カナダ留学のスタートはバンクーバーが最適な街! という論旨で書かせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

実際にカナダ以外には長く滞在した経験がないため、細かい部分に関しては、僕の認識ミスがあるかも知れません。

オーストラリアワーホリを経験したことがある友人は、カナダもいいしオーストラリアもいい、ニュージーランドもよかったよ、なんてことも言います。どこでもいいのかよ! なんて突っ込んでやりましたが、結局はあなた次第ということなんですよね。(笑)

海外旅行に行ってみようという余裕があるのなら、留学候補地をちょっとづつ見てまわってもいいかも知れませんね。現地人が話す英語に注意しながら。

お勧めリンク
1年以内に無料で海外に確実に行く方法(保障付き)
無料で海外旅行に行きたい人は必見です!
年間12万マイルを確実に貯める方法
無料でエアマイルを確実に貯めるこんな方法があったなんて・・・
日本全国をタダで旅行する方法?
管理人は、カナダ留学後に日本中をこれで旅行することができました♪
関連リンク
カナダ留学とは
カナダ留学最初の一歩。ハプカナの最初のページです。
カナダ留学のビザの種類
あなたはワーホリ派?それとも学生ビザで勉強する派?
英語教材お勧めリンク
- 無料で英語耳 ハングリー...
- マジックリスニング
- スピードラーニング
- バイオリスニング
- ヒアリングマラソン入門コース
- ヒアリングマラソン中級コース
- English King 無料視聴
- 英語3段とび吸収法
- カンタンEnglish無料資料請求
- 30日英語脳養成プログラム
- 加速英会話学習法
- ディズニー英語無料サンプル


カナダバンクーバー留学の費用を半分にする方法 トップページへ戻る
Copyright © 2003 - 2006 Half Price Canada All Rights Reserved.
[PR] シティ エリート 三井住友VISA ゴールド