カナダ留学バンクーバー留学の費用を半分にする方法
ハプカナは、カナダ留学バンクーバー留学語学留学ワーキングホリデー(ワーホリ)体験談情報サイトです。

カナダ留学ブログランキング  ハプカナについて  カナダサイトランキング  英語教材リンク

バンクーバー留学メニュー
カナダ留学ブログ人気ランキング
ハプカナ管理人とハプカナについて
バンクーバー留学したい方へ
ワーホリでバンクーバーに行く方へ
カナダ留学メルマガ
カナダ留学ワーホリ総合リンク
カナダ留学前の通信講座
留学よりも資格取得

管理人お気に入りサイト
バンクーバー留学サポート
- ウエストコースト国際教育相談センター
- カナダ心の旅日記 by 美和チュッカ
- 全米約600の大学に留学したい方へ
- e-留学ガイド 100社同時に資料請求

カナダ格安航空券予約サイト
- アルキカタ・ドット・コム
- 海外格安航空券イーツアー

カナダ留学生保険
- AIU留学保険無料資料請求
- アリコ保険無料資料請求
- インズウェブの保険一括資料請求
- 最大13社の保険を一括パンフレット請求

マイルが貯まるクレジットカード
- シティバンクワールドパークスVISAカード オススメ!
- スターアライアンスマイル付セゾンUAカード
- スターアライアンスマイル付UCカード

バンクーバーインターネット接続方法
- TELUS ADSL
- SHAW Cable Internet

バンクーバーユースホステル
- Cambie Hostels
- Hosteling International
- C&N Backpackers INN
- Backpackers

ファームステイ

- WWOOF Canada
- WWOOF Japan

カナダの州立大学・州立カレッジに留学する

突然ですが質問です。州立大学やカレッジと聞いて、必ず2年〜4年通わなければいけないと直感的に思いましたか?

 

YES! と答えたあなた、このページに出会ってよかったね。カナダの教育システムは日本のそれと全然違って、1年間という短期でも州立の学校に通うことが可能です。また、大学を休学してくるような留学生にはもっと朗報で、4ヶ月のセメスター(1学期)で得られる単位を日本の大学の単位に移行できるとかね。(詳しいことはそれぞれ自分で調べてみましょう。)

というわけで、このページでは少々州立大学や州立カレッジに関してお伝えしましょう。

ちなみに、この州立カレッジ・州立大学のページを作るに当たって、ウエストコースト国際教育相談センターのご協力を得て編集しています。代表の美和さんは、バンクーバーの日本人留学コンサルタントで、唯一州立学校の仕組みに詳しい人だと思います。もし高校留学〜大学留学などを考えている人は、彼女に相談するのが一番です。

 

州立大学・カレッジの仕組み

カナダ、特にブリティッシュコロンビア州の州立大学・カレッジのシステムは、日本の大学のそれとは全く異なります。

日本の大学に通っている人は、どちらかというとみんな日本の仕組みが当たり前だと思ってますが、ぶっちゃけた話、日本の仕組みは世界的に見ても劣っている点が多々あります。

ひとつには、カレッジや大学間のトランスファーシステムの融通性。日本で大学に通う場合、例外もありますが、基本的にはその入った大学で4年間過ごして卒業しますよね? カナダやその他の国々では、どちらかというと大学相互間の連携がうまく取られていて、単位の取得やコースの選択をする上で、非常にスムーズに動くことが可能です。

僕自身はあまり詳しく知りませんが、とにかくカナダに高校留学から来ている人で、UBC(ブリティッシュコロンビア大学)やSFU(サイモンフレーザー大学)に通っている人に言わせれば、日本の大学はなんて窮屈な! と。(笑) 僕のお友達でUBCに通っている人は、今年の前期をスウェーデンの大学で過ごし、後期をオランダはアムステルダムにある大学で過ごすということでした。

日本では考えられないような、日本では非常識極まりない考え方が、ここカナダでは可能なんです。それだけでも、カナダの大学に入学するメリットは大きいと思います。

 

また、カナダの州立学校には、大きく分けて3種類の学校が存在します。大学とカレッジ、さらにその中間に位置するユニバーシティーカレッジがそれです。それぞれの詳細はここで細かく話すことでもないですが、簡単に捉えるならば、

  • カレッジは、1年〜2年という期間でディプロマなどの資格を取れる、4年制大学に通う前のステップ
  • 大学は、直接行くことも可能だし、カレッジからの編入も可能な、どちらかというとアカデミックな勉強に注目
  • ユニバーシティーカレッジは両方の機能を備えた学校で、大学卒業資格も、カレッジでしか取れないコースも取れる

という感じでしょうか。

 

さらに、カナダに留学するという際、そのほとんどが一般的な語学留学を指すとは思いますが、カナダの州立大学・カレッジには国外からの留学生専用の英語力養成コースも併設しているところが多いです。なので、必ず私立の語学学校に通わなければならないという制限は全くなく、それでいてカナダ人が通う広い敷地のキャンパスを利用しながら、英語を学ぶことが可能なんですよ。

 

ブリティッシュコロンビア州にある大学・カレッジ

このハプカナはバンクーバーへの留学をする際の情報源としてまとめているので、バンクーバーのあるブリティッシュコロンビア州に限定して話を進めさせていただきますけども。

カナダ、バンクーバーに留学を決めたあと、1年間バンクーバーに滞在し続けなければいけないという法はどこにもありません。つまり、あなたが現地で感じたこと、見たこと聞いたこと、考えたことなどを全て含めて、あなたなりの留学をすることが可能というわけですな。

そこで、実際にブリティッシュコロンビア州にある大学やカレッジは、具体的にどのような土地にあるのかを事前に知っておくことも悪くはないでしょう。僕はこのページを編集している今、行きたい学校があるくらいだし、実際にウエストコーストの美和さんに連れて行ってもらった州立の学校には、心から行きたい! と思う場所も多々ありますからね。

下記のリストは、British Columbia Center for International Education のページから抜粋した、ブリティッシュコロンビア州にある州立学校のリストです。参考までに見てみると良いかも知れません。

 

州立大学・カレッジに行くメリット・デメリット

さてさて、それじゃ具体的に州立の大学やカレッジに行くのは、どんなメリット・デメリットがあるのよ? という質問が聞こえてきそうなので、ひとつひとつ見ていきましょうかね。

個人的には州立大学やカレッジに行くメリットとデメリットを比べると、はるかにメリットのほうが強いと思うんですが、それは人それぞれで感じる部分が異なると思うので、参考までに見てみてください。ハプカナ管理人としては、将来的に州立の学校に行くべく努力している最中でございます。(笑)

 

メリットその1 学校の運営そのものがしっかりとしている

もちろん州立の学校は国が運営しているようなもんだから、運営母体はしっかりしています。バンクーバーやトロントの語学学校では、たまに突然倒産することもあるし、運営が非常に不安定な場所もあるようです。そういった意味で州立の学校は安心感があるし、何より教師陣も全員何がしかの教育論を学んだことがある人間だから、そういった人たちから英語を学ぶ、英語で何か専門的に学ぶということは、非常に価値のあることだと思います。

メリットその2 カナディアンと一緒に生活できる

州立の大学やカレッジにもよりますが、地方の学校に行くと、学生寮が使えるところが多いです。その寮には、国際留学生が生活することはもちろん、ローカルのカナディアンや遠くからその学校に通うことになったカナディアンも生活します。僕の知ってる人でロッキーにある College of the Rockies という州立のカレッジに行った人がいましたが、その人は普通にカナディアンの友達がたくさんいましたね。そんなメリットが多いのも、州立学校の特徴です。

メリットその3 あらゆる施設を無料で使える

厳密に言うと無料ではないですが、州立の大学・カレッジのキャンパスというのは、バンクーバーのとあるビルの一室で運営しているような学校とは訳が違います。広大な敷地に、図書館、プール、ジム、教室、国際留学生専用のスタッフ、コンピューターラボ、グラウンド、レクリエーションセンターなどなど、本当に様々な施設があります。私立の学校ではできないことを、簡単に州立の学校でやってのけてしまえるのも、国が運営してるからこそできることですね。

メリットその4 クラブ活動に参加できる

州立の大学・カレッジでは、生徒だけで運営しているクラブ活動が多々あります。日本の大学で言うところのサークルに当たると思いますが、そういった活動に無料で参加できるのも嬉しい悲鳴です。同じ趣味や同じジャンルが好きな学生が集まるわけで、精神的な距離感も近く、すぐにカナディアンらと友達になれること間違いなしですな。

メリットその5 生活費が安い

州立の大学やカレッジは、基本的に地方にある場合が多いです。バンクーバーにある州立の学校を除けば、全てが地方、全てが比較的小さな町のコミュニティーに属していて、地域密着型の学校が多いです。地方だからこそ、たとえばホームステイは1ヶ月で500ドルとか。(バンクーバーは平均700ドル前後) 地方に行けば物価も全て若干安く、バンクーバーやトロントなどの大都会で生活するよりも安価に留学生活を送ることができるでしょう。

メリットその6 授業料も実は安い

もちろん受講するコースにもよると思いますが、州立の学校は授業料もそれなりに安いです。たとえば、バンクーバーで私立の語学学校に通う場合、1ヶ月平均で1000ドル〜1200ドルくらいかかるわけですが、一番安い州立カレッジの語学コースでは、4ヶ月で3300ドルとか。ただし、プログラムカリキュラムがお勧めできなければ意味ないので、その辺りは詳しい人に相談しましょう。

メリットその7 日本人が少ない

この世の中、世界中に日本人がいるような状況ではありますが、カナダの少し地方に行くだけでも、日本人留学生の数は激減します。特にあまり知られていないような地域は、町の中に日本人留学生が一人だけということもあるし、数百人いる生徒の中で、日本人留学生は5人だけとか。そういった点でも、強制的な英語環境を求める人にとっては絶好の機会です。

その他にもいろいろとありますが、もし少しでも州立大学・カレッジへの留学に興味がある人は、ウエストコースト国際教育相談センターの美和さんを頼ってみましょう。バンクーバーでじっくりと話を聞くことができると思いますよ。

 

それじゃ次にデメリットを。

デメリットその1 遊べる場所があまりない

州立大学・カレッジの多くが地方にあると書きましたが、デメリットは全てメリットの正反対だと思っていただいて構いません。バンクーバーのような都会であれば、とにかく周りに何か遊ぶ場所があるわけですが、地方に行けばそれは激減します。とは言え、もちろん映画館とかデパート的なものはあるし、自然と戯れて遊ぶ上では、僕としてはメリットだと思ってますけど。

デメリットその2 日本人が少なすぎて逆に寂しい

日本人がいないほうがいい! と散々口にする人がいますが、ぶっちゃけて日本人がゼロだったらめちゃくちゃ寂しいです。まぁ州立の学校に留学している日本人はそれなりにいるからゼロということではないと思うけど、とにかく日本語を話す相手がいるというのは精神衛生上落ち着きます。日本人ゼロ大歓迎! という人以外は、多少ホームシックにかかるかも知れません。(笑)

デメリットその3 英語が全くできないと孤立する

カナディアンと友達になれる機会が多いのが州立のメリットだと書きましたが、全く持ってその逆が言えます。というのは、カナダは移民の国だから、日本で外国人を見るような感覚は全くなく、全然日本人留学生を特別視しようとするつもりはありません。だから、もし英語が全く話せない状態で乗り込んだとしても、お友達になれる可能性は低く、孤立する可能性すらあり得ます。個人的には、バンクーバーである程度英語力を上げてから、地方の州立へ、というパターンが最も良いステップかと。

というわけで、デメリットはとりあえず3つだけ挙げておきましたけども、具体的には直接自分の目で確認しに行っちゃったほうが早いと思われます。ラッキーなことに、僕も何度か連れて行ってもらいましたけども、ウエストコーストの美和さん定期的にバンクーバー周辺の州立大学見学ツアーを開催しているので、一度問い合わせてみると良いかも知れませんよ。

 

 

とにもかくにも、何かと知られていない州立大学・カレッジへの短期留学。1年未満でも通えるコースがたくさんあるし、将来的に大学進学することだって全然できる。移民をしたい人にとっても効果的だし、カナディアンと友達になれる可能性も増える。諸々考えても、州立大学・カレッジへの留学というのも、選択肢のひとつとしては良いのかも知れないゾ、と。

お勧めリンク
1年以内に無料で海外に確実に行く方法(保障付き)
無料で海外旅行に行きたい人は必見です!
年間12万マイルを確実に貯める方法
無料でエアマイルを確実に貯めるこんな方法があったなんて・・・
日本全国をタダで旅行する方法?
管理人は、カナダ留学後に日本中をこれで旅行することができました♪
関連リンク
カナダにある学校の種類
カナダで行ける学校の種類を知る。
語学学校の選び方
最初に行くことになる学校は慎重に選びましょう。
専門学校の選び方
語学学校のあとは、英語で何かを学びましょう。
州立カレッジ/州立大学
1年間の留学でも、州立の学校に通うことが可能です。
留学センター活用ガイド
現地で決めればノーリスクで留学成功できますよ。
語学留学で学校に求める要望
学生数?国籍の割合? その前に考えることがあります。
中学・高校留学
中学生と高校生でも、カナダ留学がお勧めだと思う。
学生ビザ取得方法
シアトルで学生ビザを取得しよう!
チューター
個別英語教師。チューターは慎重に選びましょう。
会話クラブ/カンバセッションクラブ
ぶっちゃけた話、会話クラブは意味がないです。
英語教材お勧めリンク
- 無料で英語耳 ハングリー...
- マジックリスニング
- スピードラーニング
- バイオリスニング
- ヒアリングマラソン入門コース
- ヒアリングマラソン中級コース
- English King 無料視聴
- 英語3段とび吸収法
- カンタンEnglish無料資料請求
- 30日英語脳養成プログラム
- 加速英会話学習法
- ディズニー英語無料サンプル


カナダバンクーバー留学の費用を半分にする方法 トップページへ戻る
Copyright © 2003 - 2006 Half Price Canada All Rights Reserved.
[PR] カスタムビューレーシックイントラレーシック 錦糸眼科品川近視クリニック イントラレーシック